最近の投稿

SIMフリー徹底解説

シムフリーとは? Simカードについて解説します。

投稿日:

シムカードについて

SIMカードというのは携帯電話をお持ちの皆さまなら、すでに全員が持っているものです。

普段携帯電話を使う際には電波を拾う必要があります。

しかしどうやって?

そこで必要になるのがSimカードです。

 

携帯電話の会社が利用者を判別するために組み込んだもので、簡単に言うと電波をユーザーに届けるためのものです。

シムカードはその時代によって形が異なります。

シムカードの形

標準SIM

一番最初に使われていたのがこの標準シムで、15mm×25mmとかなり大きいサイズのシムでした。

現在の機種では使われていないシムカードですね。

microSIM

次にできたのがこのmicroSIMでした。

廉価版のAndroidだとこちらが使われることがあるそうです。

サイズは12mm×15mmと標準SIMに比べてコンパクトになりました。

nanoSIM

最近主流で使われているのがこのnanoSIMです。

サイズは8.8mm×12.3mmと標準SIMのおよそ半分にまでサイズダウンをしました。

iPhoneでいうとiPhone5以降はすべてこのnanoSIMが使われています。

 

これらの「シムカード」があることでキャリアがユーザーを判別できるようになるのですが、言い換えるとそのキャリアでしか使えないということになってしまいます。

キャリアとは

キャリアというのはAUやDOCOMO、SoftBankなど大手通信会社のことです。

主にこの3つになるので「三大キャリア」と称することもあります。

SIMフリーとは

そこで「SIMフリー」という考えが登場しました。

ネーミングからピンとくるかたも多いかもしれませんが、1つのキャリアにとらわれずに複数のキャリアで使用できる端末のことです。

ドコモのシムカードでもソフトバンクのシムカードでも使うことができるという便利な仕様です。

 

しかしSIMフリーだといって、すべての機能が同じように使えるかはその時によります。

特にauに関してはちょっと特殊で、使えないこともあります。

データ通信だけなら使えたりもしますが、auの場合は「au VoLTE対応」と書いてあるものなら確実です。

 

今後はこのSIMフリーという考えが主流になっていくと考えられています。

au・DOCOMO・SoftBankの垣根を越えて快適に使える環境になってくれたら嬉しいですね。

 

そしてこの大手三大キャリアを近年脅かすのが「MVNO」という存在です。

MVNOとは

  • mineo
  • Lineモバイル
  • UQモバイル
  • 格安sim

これらのようなワードを、最近になって耳にしたことはありませんか?

これらはすべてMVNOに関連するワードです。

おおまかに言うと「キャリア以外の通信会社」のこと。

キャリアは宣伝費や人件費で多大なコストを掛けているので、利用者としても支払う料金が高くなります。

キャリアは手厚いサポートがあるのに対し、MVNOは安さや独自のサービスで勝負をしています。

MVNOの主要な会社

  • UQモバイル(ユーキューモバイル)
  • mineo(マイネオ)
  • DMM mobile(DMMモバイル)
  • Y! mobile(ワイモバイル)
  • IIJmio(みおふぉん)
  • BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)
  • QTmobile(QTモバイル)
  • LINEモバイル(ラインモバイル)

などが比較などにもよく挙げられています。

他にもまだまだたくさんの会社がありますが、大手キャリアに比べて大幅に安い料金設定であることが多いです。

 

まとめ

今回はSIMカードの役割やサイズ、キャリア、SIMフリー、MVNOなどについて書かせていただきました。

SIMフリーやMVNOについて少し魅力を感じていただけましたか?

これから具体的なオススメSIMフリー端末やMVNOの会社についても解説していければと思います。

-SIMフリー徹底解説

Copyright© スマホはsimフリー! オススメ情報をあなたに , 2019 All Rights Reserved.