最近の投稿

端末情報(スマホ・タブレット)

白ロムって?格安でスマホを購入して節約しましょう。赤ロムとの違い

投稿日:

「白ロム」で節約しましょう

皆さんは「白ロム」というワードを聞いたことがありますか?

これについて知らない人は、スマホやタブレットを購入するときに大幅に損をしているかも!?

 

今日は

「もっと早くに知っておけば良かった・・・」

と思っていただけるよう、初心者の方でも分かりやすく解説していきたいと思っています。

 

それでは「白ロム」について見ていきましょう。

「白ロム」とは?

「白ロム」というのは前回の記事でちょっとだけ触れましたが、

SIMの入っていない端末、あるいは解約済みの端末ということになります。

以前の記事でご説明したとおりSIMが入っていなければ、誰の端末でもありません。

 

新しい持ち主にSIMを入れてもらうのを待っている空っぽの端末のことを「白ロム」という名で呼びます。

つまりあなたがキャリアで購入したスマートフォンも、データを消してSIMを抜けば「白ロム」にすることができるのです。

 

キャリアで新品の端末を買うのではなく、この「白ロム」の状態のものを購入することでかなり値段が変わってくるのです。

という言い方をすると「じゃあ中古品なんだ!」というふうに感じてしまうかもしれませんが、未使用の「白ロム」もかなり多く販売されています。

 

一点だけ注意点として、販売されているものの中には「赤ロム」と呼ばれるものがあります。

赤ロムに気をつけよう

スマホやタブレットには利用制限というものがあります。

キャリアで購入して割賦金をしっかり払っている人は利用制限はクリア( ○ )です。

しかし端末代金を払っているうちに支払いが途切れたりすると、利用制限(×)に引っかかります。

 

私は一度も経験がありませんが、悪質な出品者に引っかかると使用しているうちに利用制限が○から×になることもあるそうです。

 

そうした悪質なケースに引っかからないように、白ロム専門店を使うのがオススメの購入方法です。

代表的な白ロム専門店

などが白ロムの専門店として有名です。

他にも大手家電量販店の

  • ノジマ
  • ドスパラ

などでも白ロムの取り扱いがあったりします。

 

このような大きなところだと、「赤ロム保証」のオプションがしっかりしているお店が多いです。

購入後、万が一赤ロム化してしまっても交換してくれるので安心できますね。

どれくらい安くなるの?

ではいったいどれくらい安くなるのか、という比較をしてみたいと思います。

白ロムの場合は、新しい機種や発売してからの経過で大きく値段が変化します。

最新のiPhoneXRの場合

iphonexr

64GBの¥84,800が73,800(ムスビー価格)で購入できました。

 

すでに10,000円ほど節約できましたが、

「多少使用してたり、些細な傷くらいは良いかな・・・」

という人の場合は¥63,800のものも発見しました。

 

更に傷の程度によって値段は下がっていきます。

 

iPhone8なら?

では型落ちのiPhone8の場合どうでしょうか

iphone8

¥67,800→¥57,000(ムスビー価格)で購入できました。

さらに中古美品なら¥50,000以下!

こんなにも差が出てきます。

 

まとめ

「白ロム」・「赤ロム」についての解説

代表的な白ロム専門店

どのくらいの節約になるのか

について今回はまとめさせていただきました。

 

私はキャリアショップで定価でローンを組むぐらいなら、少し型落ちの中古美品を狙うという方法をとっています。

それで定価の半額以下で購入したこともあります。

 

「白ロムって良いかも・・・」そんなふうに思っていただけましたか?

ぜひ次スマホを代える際には「白ロム」の購入もご検討ください。

 

白ロムが入手できたら、お手持ちのスマホに入っているSIMカードを移し替えるだけです。

対応しているSIMカードなのかは以下をご参照ください。

形の違うSIMカードでしたら、契約している会社にサイズを代えてもらう必要がありますので、ご確認ください。

 

-端末情報(スマホ・タブレット)

Copyright© スマホはsimフリー! オススメ情報をあなたに , 2019 All Rights Reserved.